オーバーホールの申告で車買取額が上がる事も

オーバーホールの申告で車買取額が上がる事も

自動車には専門的な用語が色々あるのですが、その1つはオーバーホールです。
オーバーホールは、エンジン部分に対して行われるメンテナンスですね。そしてそのメンテナンスを行っていると、車買取りの際に上乗せが発生する場合があります。

 

エンジン内部の老廃物を除去するオーバーホール

 

当然ですが、エンジンの内部では燃焼が発生しています。そして物が燃えれば、もちろんススなどが発生してしまいますね。いわゆる燃えカスがエンジンの中に溜まってしまう場合があります。それを放置してしまえば、エンジン部分に対する劣化が生じる場合があります。
ではどうすればそれを除去できるかというと、オーバーホールなのですね。専門の業者に依頼をして、まずエンジン部分の分解を行ってもらいます。そして内部に蓄積されている老廃物など、除去してもらう訳ですね。それでエンジンが延命される訳です。

 

オーバーホールの申告と査定金額アップ

 

ところで車売却における状況は様々で、中には上記のようなオーバーホールの補修が行われている事もあります。となると買い取り業者としては、その車を高く評価する事があるのです。多少古い車であってもオーバーホールが行われていれば、それだけ長く使い続けることもできるでしょう。車のトラブル防止を考えている業者にとっては、オーバーホール済みの車は高く評価する訳ですね。もしも過去にオーバーホールを行っているならば、ちょっとその旨を車の査定士に伝えた方が良いですね。
ただし車を売る直前は、オーバーホールを行わない方が良いと思います。確かにそれを行うと査定額がアップする可能性がありますが、それでも大幅アップするものではありません。オーバーホールのメンテナンス料金は数十万円かかる事がありますが、査定額がそれほど大きくアップする事は滅多にないからです。あくまでも「大切に車を使っていたので、メンテナンスを行った」のを業者にアピールするイメージですね。